院長・スタッフブログblog

保険診療と自由診療の違い

歯の治療でかならず問題になるのが、保険でするか自費でするかという点です。

保険診療なら1割あるいは3割の負担で済むが、自由診療なら全顎支払わなければならない、費用は少ないほうが良いに決まっているが、しかし、保険診療は質が劣るらしい、

さてどうしたものか・・・。

他の病気の治療ならばこのようなことはないのに、なぜか歯の治療では「質をとるか?お金をとるか?」という二者択一を迫られます。とりわけ入れ歯となると、安いのはけっこうだが、痛かったり、カッコ悪かったりしないかといった不安も増し、患者様の悩み、迷いはますます深くなるでしょう。実は歯科医師にとってもまた、保険か自費かは頭の痛い問題なのです。

現在の歯科の保険制度は、予防と矯正以外は一応どんな治療でもできるということになっています。虫歯の治療はもちろん、部分入れ歯やブリッジ、総義歯にいたっても「保険でお願いします」と言われれば歯科医師はやらなくてはなりません。しかし自由診療なら材料も治療方法も患者様に最も適すると思われるものを文字どおり自由に選択し、時間的にも余裕をもって診療できるのに対し、保険診療のほうには様々な制約があるということを覚えておいてください。両者の違いはまずそこにあります。

保険診療の仕組みを簡単に説明すると、次のようになります。

たとえば、むし歯の治療なら、その工程が細かく分けられ、歯を削れば何点、詰めれば何点、1本何点、レントゲン写真を撮れば何点、というふうにそれぞれ点数が決められています。

しかし保険で認められている方法や材料は限られていて、あらゆる治療方法、材料が網羅されているわけではありません。

患者様が「保険で」とおっしゃれば、ほかに優れた方法や材料があってもそれを使えないということになります。これが歯科医師に絶えずつきまとう大きな矛盾です。

つまり、歯科医師にとって保険制度は、時として自分の能力と知識と時間を最大限に使って、最善の治療をするのを妨げることにもなっているのです。おおげさにいえば、保険診療とは手枷、足枷をはめられて治療するようなものだと言えるでしょう。

 

入れ歯を例にとってもう少し分かりやすくご説明しましょう。入れ歯は保険制度の矛盾を直にかぶっている部分と言えます。最終的な入れ歯をつくるまでに必要なあらゆる手順・材料のなかで、保険が適応されるのは、本当に一部に過ぎません。ですから、保険で入れ歯を作ろうとすれば、保険で認められない部分は省略するか、損を覚悟でやるしかないということになります。

また、保険診療と自由診療の違いは、つまるところ使用する材料にあると言って良いでしょう。歯には再生する能力がないわけですから、歯に近い人工材料でそれを補うしかありません。したがって使用する材料は歯の治療のなかで大きな比重を占めているのは事実で、材料により製作の工程も違ってきます。

ではどういう材料が良いかというと、耐久性に優れ、自然な歯に近い硬さと色調をもつものということになるでしょう。また加工しやすいかどうかも大事になります。ミクロの差が治療の良し悪しを左右する歯の治療では、歯や歯肉にピッタリ合うように加工したり鋳造したりするには、素材の扱いやすさは大きな問題だからです。歯科医師が貴金属(ゴールドやプラチナ)を好むのはそうせいもあるでしょう。