院内感染防止Prevent infection

安全な治療を提供するための院内感染予防の取り組み

患者さまが安心して、そして私達も自信を持って安全な治療を提供できる体制を整えるために、当院では、院内感染予防・衛生管理に積極的に取り組んでいます。

世界最高水準の滅菌レベルをクリアした
クラスB規格の滅菌器を導入

近年では、インプラントや歯周外科などの外科的治療を含め、非常に歯科医療は高度化しております。それに伴い、治療の際に使用する治療器具の感染予防対策の強化も重要視されています。当院でも、外科治療を望まれる患者様が増えておりますので、より『安心』して治療を受けることが出来るように、世界基準の滅菌器を導入しております。

クラスB規格の滅菌器

当院で導入しているクラスB規格の滅菌器は、非常に優れた滅菌性能を持っており、あらゆる治療器具の滅菌が可能になっております。

歯科治療の先進国と言われているヨーロッパ、特にドイツではクラスB規格の滅菌器を導入している歯科医療機関は80%を超えると言われておりますが、日本での普及率はわずか数%程度です。榎本歯科医院では、本当に安心した治療をご提供したいという事から、このクラスB規格の滅菌器を導入しております。『自分の家族だったら、どんな治療を提供したいか』という事を考えて治療を行っております。

個別包装

ミラーやピンセットなどの治療器具は、個別パックにして包装していますので衛生的です。治療が始まる前に患者さまの目の前で開封いたします。

薬液消毒

デリケートに扱わなければいけない器具や手の届かない部分がある器具は、医療用防錆洗浄液を使用して確実に汚れを除去します。洗浄液に浸けることで、血液や目に見えない汚れを浮かすことができます。また、熱に弱い器具に関しては、薬液消毒をしております。

超音波洗浄機

通常の洗浄では落としきれない目に見えない汚れまで落とすために、超音波洗浄機を使用します。超音波洗浄機にかけることで、消毒・洗浄効果が高まります。

可能な限り使い捨て製品を使用

コップ、エプロン、ユニットの頭が触れる部分のカバーは使い捨てのものを使用しております。また、使い捨てのスリッパもご用意あります。

ユニット周りの消毒

患者さまがお座りになるユニットをはじめとして、患者さまが触れる場所はお一人さまごと消毒を行っています。また、私達が触れるユニット周りについても同様に、患者さまごとに消毒を行い、さらに私達が触れる部分を少なくするよう設備の自動化をしております。