院長・スタッフブログblog

歯科定期健診の予防メリット

皆様こんにちは。東京都中央区新富町の榎本歯科医院、歯科衛生士の緑川です^^

つい最近まで夏の暑さに悩まされていた気がしますが、気付けはもう9月も終わり10月になりました!

今年も残すところあと3か月…。

夏が終わると一年が終わるのも早い、というのは本当ですね^^;

雨も多く気温も下がってきていますので、体調管理にお気を付け下さい><

 

さて、みなさん歯科健診を最後に受けたのはいつ頃か覚えていますか?

既に定期健診には通っているという人、職場や学校の健診時で診てもらっている人、または痛くならないと行かない人等、様々いらっしゃることと思います。

「虫歯にはなりたくないけど、行くと痛い怖い思いするから行きたくない……。」

「歯医者さんの匂いが苦手…。」 「歯を削るキーンて音が嫌い…。」等

歯医者をイメージするだけでつい足が遠のいてしまう方も多いのではないでしょうか?

 

ですが、そんな歯医者が苦手な人にはまさに「定期健診」が重要なカギとなるのです!!

思い切って行ってみれば絶対得する歯科定期健診の3つのメリットをご紹介します^^

 

1.虫歯や歯周病などお口のトラブルを予防

自覚症状の無い歯周病の罹患率は、今や成人の半数以上といわれています。

虫歯も歯周病も痛みを感じる頃にはかなり進行して、治療回数がかかってしまう場合が多いです。

「定期健診」で虫歯や歯周病の予防だけでなく早期発見し、さらに毎日のブラッシングの確認やフッ素塗布でトラブルの進行を未然に防ぐことが可能になります^^

 

2.お口がスッキリ・リフレッシュできる

歯科衛生士による歯のクリーニングを受けることで、歯本来の自然な美しさを取り戻せます。

自分でケアしきれない歯垢や歯石を除去することで、歯の表面もツルツルになって息も気分もさわやかリフレッシュできるでしょう^^

 

3.治療の苦痛と費用が軽減

万が一治療が必要になってしまった場合も、定期健診に通っていれば早期発見が出来て、悪化した時の痛みを伴う長期的な治療が必要になるという事もありません。

必要最低限で済んで、健康な歯を守ることができます^^

 

よくある質問ですが、「定期健診はどのくらいの頻度がおすすめですか?」と聞かれます。

その方の持っているリスクにより変化はありますが、大体3か月~半年に一度の歯科健診を推奨している所が多いです。

なぜかというと通常、治療やクリーニングをしてからまた細菌が戻ってくるのが約3か月といわれているからです。

ですが、問題を抱えている歯がある場合は1か月~2か月等、小まめに来ていただくこともあります。

自分にあった期間の歯科健診で、健康でキレイな歯を保っていきましょう^^

 

ここで余談ですが、車に車検があるのは突然なにか故障があればそれが大きな事故に繋がってしまうからですよね。

車の不具合は乗ってるだけでは気づけないことが多くあるからこそ、定期的に点検してもらって事前に直してもらいます。

歯科もこれと同じです!

疾患の全てが症状として現れるわけではありません><

特に歯周病は自覚症状が出にくい疾患です。

放置しておいても自然と治るどころか、病状は刻々と悪化していきます。。。

早期に治療すれば痛みもなく最小限の範囲で治せたはずが、後々になって治療を始めるのでは治療期間も治療費用も大きくかかってきてしまい、場合によっては抜歯しか選択肢がない時もあります。

そしてなにより、そういう歯を放置しておいて大事な仕事や予定の直前で痛みが出てしまっては困りますよね?

 

後で大事にならないためにも定期的な健診でお口の健康を一緒に守らせて下さい^^