院長・スタッフブログblog

よく噛む7つのメリット

こんにちは。東京都中央区新富にあります榎本歯科医院、歯科衛生士の緑川です。

皆様は、普段の食事の中で一口につき何回噛んでいますか?

忙しい毎日の中で、早食いが習慣となってしまっている方はいらっしゃいませんか?

早食いは時間短縮にはなりますが、咀嚼をよくする事で体にはたらくメリットが、実はたくさんあるんです。

食事を摂る中で、簡単にできる体に良いこと始めてみませんか??

 

1.ダイエット・小顔効果

よく噛むと・・・

  • 味覚が刺激を受けるとノルアドレナリンが分泌され全身の細胞を活発化させ肥満予防になる。
  • 食べている間に消化吸収が開始して血糖値が上昇することで少量で満腹感を得られる。
  • 口の周りたくさん存在する表情筋が活発に動きフェイスラインの引き締め効果が期待できます。
  • 口を大きめに動かしてみると口元だけでなく、デコルテ付近までの筋肉を使うのがわかります。

よく噛みお口を動かすことで、たるみやリフトアップの効果も期待できます♪

 

2・美肌・若返り効果

唾液の中にはパロチンとEGFと呼ばれる美容成分が含まれています。

  • パロチン・・・成長ホルモンの一種で壊れた組織を回復する効果があります。歯や骨を丈夫にします。皮膚の新陳代謝を活発にします。肌や髪がきれいになる以外にも、老化防止のアンチエイジング効果もあります。
  • EGF・・・たんぱく質の一種で、肌細胞の再生を促進します。肌荒れなど肌トラブルに効果的です。新たな細胞の生成を促し新陳代謝も増すのでターンオーバーも整えます。

 

3・脳の活性化・ストレス解消効果

咀嚼(噛むこと)のリズムがセロトニンを活性化します。また、脳神経が刺激を受け脳の血流が良くなる事で脳の働きを活性化します。よく噛む運動は、子供の知育や高齢者の認知症予防に大いに効果あり!!

  • セロトニン・・・脳内で作られる神経伝達物質の一つで自律神経のバランスを整えます。心がリラックスし精神安定をさせます。集中力を高めます。ストレス解消効果があります。

 

4・免疫力アップ・ガンなどの病気の予防

唾液中に含まれるペルオキシダーゼなどが病気を予防します。

  • ペルオキシダーゼ・・・唾液に含まれる抗菌作用をもつ酵素の一つで、発ガン性物質が出す活性酵素を分解し、発がん物質の発がん作用を消す働きがあるといわれています。

その他に、カタラーゼやスーパーオキシダーゼなど体を守ってくれる酵素はたくさん含まれています。

食べ物を30秒以上唾液と絡ますと、毒性が1~2割薄まるといわれています。一口で30回(30秒)、よく噛むのが効果的です!!

 

5・虫歯・歯周病の予防

唾液の量が増えて口の中をキレイに洗い流してくれるので細菌感染を防いだり、食事で酸性となったPHを調整する役割を果たしてくれます。

 

6・胃腸の働きを促進・便秘解消

唾液に含まれるアミラーゼが消化を助けてくれます。

また、腸管の働きも良くなり便秘の改善や予防にも繋がります。

  • アミラーゼ・・・唾液中に含まれる消化酵素の一つで、でんぶんなどの糖質を吸収しやすく分解してくれることで胃腸での消化吸収が助けられ効率良く栄養を取り入れることが出来ます。

 

7・ボケ防止

よく噛む事で脳血管が拡張し栄養素が流れ脳から目覚め信号が出て脳は覚醒し、ボケ防止になります。

 

このように、噛むことでお口以外に与えてくれるメリットは沢山あります☆

時間に追われ急がなくてはいけない状況もあるかと思いますが、身体の為にも意識することから始めてみませんか^^?