院長・スタッフブログblog

入れ歯とは?具体的な入れ歯の構造と歯を失ってしまった場合の対処法

歯を失ってしまったときの治療法には、「入れ歯」と「インプラント」が考えられます。インプラント治療は、噛み心地がよかったり、見た目が自然であったりと利点は多いのですが、手術を行うためにすべての患者さまができるものではありません。一方、入れ歯はほぼすべての患者さまが治療を受けることができます。 入れ歯は、1.固定性の入れ歯(ブリッジ)と、2.可撤性の(取り外せる)入れ歯の大きく2つに分けることができます。 1. 固定性の入れ歯(ブリッジ) ブリッジとは、英語の「橋」を意味する言葉です。つまり歯が無くなったところに、「人工の歯を取り付けた橋を架ける」という方法です。見た目が自然であり、食感、噛み心地は良いものですが、橋げたにするために隣の健全な歯を削り、噛む力を分散して負担させなくてはいけません。 2. 可撤性の(取り外せる)入れ歯 取り外せる入れ歯には、1)部分入れ歯2)総入れ歯の2種類があります。普通、「入れ歯」とはこの2つを指します。 「入れ歯」は、「お口の中でいかに安定させるか」が重要であり、それには3つのポイントがあると考えております。

1つ目は食事をした際に入れ歯が浮き上がらないこと、食べ物で持ち上がらないこと。

2つ目は沈み込み過ぎないこと。

3つ目は横ずれしないこと、ブレないことです。

これらの3つのポイントが全てクリアできているかどうかで、患者さまが快適に使える入れ歯かどうかが決まってきます。

1)部分入れ歯

これは、残っている歯を支えにして入れ歯を安定させるものです。浮き上がりや沈み込みを防止するために、歯にかける留め金の工夫や磁石の使用、インプラントとの併用など、色々と考案されています。しかし、部分入れ歯で何より重要なのは、今、残っている歯を守ることです。部分入れ歯にしてよく噛めるようになったが、それまで残っていた歯が抜けてしまったのではいけません。残っている歯に、負担がかかり過ぎない入れ歯の設計が大切になります。

2)総入れ歯

これは、歯をすべて失ってしまった場合に行われます。ブリッジや部分入れ歯とは異なり、歯が全て無いためにお口の粘膜だけで噛む力を支え、安定させなくてはいけません。一般的に入れ歯は合わないもの、合わなくて当然、入れ歯には我慢が必要と思われているのは、総入れ歯治療が大変難しいことが原因しているのかもしれません。歯科医師の技術や知識、経験が大変重要な治療と言えます。