院長・スタッフブログblog

日頃のお手入れにプラスして使って頂きたい・・・!

皆さま、こんにちは。東京都中央区新富の榎本歯科医院、歯科衛生士の西岡です。

まだまだ落ち着けない環境が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

引き続き、体調管理・感染対策を徹底していきましょう!◎

 

さて、皆さんは普段どういった方法でお口の中をケアしてくださっていますか??

お話をお伺いしていると、以前よりもしっかりとケアしようと意識してくださっている方が多いように感じます(*^-^*)

 

ケア用品には、歯ブラシや歯磨き剤の他にも、歯間ブラシ・フロス、マウスウォッシュ、舌ブラシなど、色々な用品があります。

今回はその中から、「歯間ブラシ・フロス」に関してお話させて頂きたいと思います!

 

歯間ブラシ・フロスと聞いて、まず思い浮かぶのは、「歯と歯の間に挟まったものを取るもの」というイメージが強いかと思いますが、いかがでしょうか・・・?

たしかに、歯に挟まったものも取って頂きたいのですが、それと合わせて、「歯と歯の間の歯面についた歯垢(プラークと呼ばれる細菌のかたまり)をしっかりと落とすこと」も大切な目的になってきます!

実は、歯ブラシだけではお口全体の60%しか汚れが落とせないといわれていますが、歯間ブラシやフロスを導入することで、90%近くまで大幅にアップできます!◎

 

【歯間ブラシ】 歯周病予防で使って頂きたい!!

《こんな方にオススメ!》

・歯と歯のすき間が広い

・ブリッジが入っている

・抜けている歯がある

歯間部分に横から通していくので、歯ぐきにダイレクトに当たって歯周病予防に最適です◎

種類としては、まっすぐなタイプのもの(I字型)と曲がったタイプのもの(L字型)があります。どちらも全体的に通すことは可能ですが、前歯にはI字型、奥歯にはL字型が通しやすいかと思います!

また、歯間は場所によって幅も違うので、適してるサイズも変わってきます。何種類かを使い分けて頂くのが理想的です◎

 

【デンタルフロス】 むし歯予防で使って頂きたい!!

《こんな方にオススメ!》

・歯と歯のすき間が広くない

・むし歯のリスクが高い

歯間部分の上から通していくので、歯と歯と接した部分へのアプローチが可能で、むし歯予防に最適です◎

種類としては、ご自身の指に巻いて使用する糸巻きタイプ、プラスチックのホルダーに糸がついているホルダータイプがあります。ホルダータイプには2種類あり、F字型が前歯用、U字型が奥歯用です。糸巻きタイプは全体的に通すことが可能です!

 

歯間ブラシもフロスも使用頻度は1日1回が理想と言われていますが、まずは何より日頃のお手入れに取り入れて習慣化していくことが大切なので、最初は週に2~3回からでも構いません!◎

ぜひ一生涯ご自身の歯で健康に過ごせるように、歯間ブラシやフロスを使っていきませんか??