院長・スタッフブログblog

そもそも歯周病とは??

こんにちは。東京都中央区新富の榎本歯科医院、歯科衛生士の西岡です。

 

新年明けましておめでとうございます。

今年も例年通りの生活を送ることが、なかなか難しい一年となりそうですね(>_<)

引き続き、体調管理・感染対策を徹底して乗り切っていきましょう!!

 

さて、今回は歯周病についてお話をさせて頂きたいと思います!

昨今日本人の8割はかかっていると言われている「歯周病」

「歯周病」という言葉自体はよく耳にするかと思われますが、具体的にどんな病気かということはご存知でしょうか??

「むし歯」は歯がどんどん溶けていくイメージがあるかと思いますが、

「歯周病」の場合は文字の通り、「歯の周りの病気」になるので、歯そのものが悪くなるわけではなく、歯の周りの「歯肉」や「歯を支えている骨」がどんどん悪くなっていってしまい、歯がグラついたり、最悪の場合歯が抜けてしまう恐ろしい病気なのです・・・!

 

歯周病の原因とは??

お口の中には元々たくさんの細菌がいて、その細菌が集まることでプラーク(歯垢)と呼ばれるものが作られます。

そのプラークを日頃の歯磨きでしっかりと落としてくださっているかと思いますが、根元のプラークは意識しないとなかなか落としにくいと言われています。

根元にプラークが残っている=プラークが歯肉に接している状態が続いてしまうと、歯肉が炎症を起こして腫れたり、歯磨きをすると出血するなどの症状が出てきます。

これが歯周病の初期段階の歯肉炎と呼ばれる状態です。

この段階でしっかりとプラークを落とすと歯肉も引き締まって元の健康的な状態に戻すことができますが、この状態を放置してしまうと、歯肉の腫れだけに留まらず、歯を支えている骨さえも溶かしてしまいます・・・!

歯を支えている骨が一度溶けてしまうと、元に戻すことはできないので、歯周病が進行しないように未然に防いでいくことがとても大切になります。

 

歯周病の予防方法は??

「しっかりプラークを落とす」

歯周病予防で一番大切になってくることは、何より歯周病の一番の原因であるプラークをしっかりと落とすことです!!

普段何気なく行われている歯磨きですが、しっかりとプラークを落とせている方は意外と少ないのです・・・!

自己流だと歯磨き方法の癖でいつもプラークが残りやすい所があったり、一番落として頂きたい根元のプラークがべったり残っている場合などもあります!

当院では、歯磨き指導の際には、お口の中を赤く染め出して、一人ひとりの患者さんのどの辺りにプラークが残りやすいのか、その部分にどう歯ブラシを当てるとプラークが落とせるのかを一緒に考えて落とせるようにしていきます◎

「生活習慣を見直す」

プラークをしっかりと落とすことが第一ですが、歯周病は細菌感染をして起こるものになるので、免疫力が下がっていると歯周病のリスクが上がってしまいます。

普段は何ともないけれど、睡眠不足だったり疲れが溜まっているときに歯肉が腫れたり出血してくる、という症状はありませんか?

それも免疫力が下がっていると歯周病を起こす細菌の活動が優勢になるからなのです!

免疫力を下げないためにも、バランスのとれた食事・規則正しい生活習慣を心がけていきましょう!