院長・スタッフブログblog

TCHとは?

皆さま、こんにちは。東京都中央区新富の榎本歯科医院、歯科衛生士の西岡です。

朝夕はだいぶ過ごしやすくなり、秋のさわやかさが感じられる季節になりましたね。

 

皆さま、突然ですが、24時間中上下の歯がくっついている時間は大体どれくらいだと思われますか??

お食事を摂られるときや会話をするときなど、さまざまなシーンでくっつくことがあるかと思いますが、平均で17.5分と言われています。

しかし、普段何もしていないときでも上下の歯がくっついている癖がある方は意外と多いのです・・・!

そういった状態が続くと、お口だけでなく身体にもさまざまな影響が出てきてしまいます(>_<)

今回は、「何もしていないときにも上下の歯がくっついている癖=TCH(Tooth Contacting Habit)」についてお話させて頂きたいと思います!

 

なぜTCHが起きる?

TCHは、集中・緊張しているときにしていることが多く、自覚がないまま噛み締める癖がついてしまいます。

強い力での噛み締めは、疲労感などで長時間続けることが難しいのですが、軽い力での噛み締めでは、弱い疲労感に気づかずにそのまま長時間噛み続けることができるため、疲労しきった形で気づくことになります・・!

 

TCHで起きる症状

  • 歯の痛み

長時間噛み締めていると、歯を支えている骨と歯根の間にある歯根膜と呼ばれる薄い膜に炎症が起きて、わずかに上下の歯が噛み合っただけでも痛みを感じる場合があります。

 

  • 歯冠破折

長時間噛み締めていると、それだけ歯へ負担がかかるため、噛む力に耐え切れず歯が割れてしまうこともあります。特に神経を抜いている歯などは中が空洞になっているため、割れやすいです・・!

 

 

  • 歯周病の悪化

もともと歯周病を抱えている歯がある場合、長時間の噛み締めによって歯を支えている骨の吸収を進めてしまい悪化する可能性があります。

 

  • 詰め物・被せ物の脱離

噛み締めていると、詰め物・被せ物に大きな負担がかかり、さらに力のかかり方が偏っていると脱離が起きやすいです。特にブリッジが偏った力を持続的に受けると外れやすくなってしまいます。

 

  • 舌痛症

TCHで舌が歯列に押し付けられると、舌の血流が悪くなり、長時間正座しているときの足の痺れと同じように舌の痛みを感じることがあります。

 

  • 嚙み合わせの違和感

歯科治療を受けた後に噛み合わせに変化が起きたことで無意識に噛む位置を探す行動が起きると、それがTCHの長時間化に繋がってしまいます。

 

TCHへの対策は??

TCHを行っているタイミングが寝ているときや、日中でも集中・緊張しているときなど、無意識にしていることが多いため、なかなか意識することが困難にはなってしまいますが、“「上下の歯が噛み合っている」と気がついたときに意識的に離すようにすること”が大切になってきます。

  

具体的な対策としては、日中は常に意識できるよう、家中のありとあらゆる所・職場のパソコンなどに貼り紙をすることがオススメです!!

貼り紙には「食いしばり注意!」「歯を離してリラックス」などと書いておきます。

あくまで身体の緊張をほぐすためのきっかけとなれば良いので、言葉は何でも良く場合によっては目印となる絵を貼るのでもOKです◎

常に意識をすることで貼り紙を見なくとも、自然と歯が噛み合っていることで徐々に強まる疲労感を早い段階で気づくことができるようになり、寝ているときでも噛み合っていると本能的に離すようになるそうです!!