「安心・確実な医療」をモットーに、
日々、患者さまを拝見させていただいております。

「いらっしゃいませ。」開業以来、約90年間に渡り私たちはこのご挨拶から患者さまをお迎えいたしております。歯科医院ではあまり聞きなれないフレーズと感じられる方もいらっしゃると思います。
私たちは、この「いらっしゃいませ。」に「ようこそ、榎本歯科医院へお越し下さいました。」という患者さまへの歓迎の気持ちを込めてご挨拶させていただいております。
榎本歯科医院では「安心・確実な医療」 をモットーに、日々、患者さまを拝見させていただいております。そして、歯科医院にいらっしゃる患者さまお一人お一人が、なるべく多くの歯を末永く快適に使っていただけるようにお口の中の環境を健康に維持していただくことが、私たちの一番の願いです。

院長 榎本秀太

お子様から大人の方まで、
ライフステージに応じた矯正治療を。

私たちは当院にいらっしゃる患者さまを笑顔でお迎えします。
そして患者さまが、笑顔で帰られるような歯科医院を目指しています。
そのためには、患者さまとのコミュニケーションが大切であると考えています。
私たちが医学的根拠に基づき患者さまの状態を正しく診断するのはもちろんですが、患者さまご自身にもお口の中の状態を理解していただけますよう、時間をかけた丁寧な説明を心がけています。
そして患者さまのお考えを大切にしながら、私たちと患者さまが情報を共有することで治療方法や治療目標をご相談します。
当院では、患者さまのQOL(生活の質)の向上を高める一助となれますよう、スタッフ一同、まごころを込めてサポートいたします。

副院長 榎本泉

榎本歯科医院の3つのこだわり

しっかり話を伺います

当院では、患者様のライフスタイルに合ったオーダーメイドの歯科治療をご提供できるように、患者様のご要望や生活習慣について詳しくお話を伺うことを何よりも大切にしています。

わかりやすい説明をします

歯科治療は口の中で行われるため、目で見ることができず、ご不安を抱くこともあると思います。納得した治療を受けていただけるように、お口のなかの写真や動画を使って、わかりやすく、説明をしています。

丁寧な治療を心がけていきます

「再び治療が必要とならないように」を目標に、ひとつひとつ、心を込めた丁寧な説明と治療を行っております。

患者さまへのコミュニケーションを大切に・・・

お食事やお話しに喜びを感じ、いつまでも笑顔でいてもらいたい。
榎本歯科医院に関わるすべての方を歯と口の健康を通じて、快適で楽しく幸せな生活を提供すること。これこそが、私の使命と考えております。近年の研究によって、治療だけでは、歯と口の健康を保つことできないことがはっきりしてきました。
そこで、当院は、予防歯科を診療の基盤に置いております。 実は、予防歯科で何よりも重要なのは、患者様の日々の自己管理なのです。むし歯も歯周病も感染症です。食生活や生活習慣と密接な関係があります。患者様とのコミュニケーションを大切にして、なぜ病気になるのか?どうやったら、防ぐことができるのか?ともに考え、サポートを致します。
私たちは、もう、あなたの歯を削りたくないのです。
これまでのように、「痛い」「怖い」というイメージの歯科医院ではなく、患者さんが喜んで、楽しく、行きたくなるイメージの歯科医院にしたいと思っております。

開業以来100年。地域の皆様の歯の健康を守り続ける。

当院は祖父が1921年に開業して以来なので、もうすぐ100年になります。
父が2代目で後を継ぎまして、次は3代目となったときに、医療関係に従事していた2人の兄が、それぞれ大学病院で研究をしていたり、内科医として勤務していたりしていたこともあり、この場所で歯科医院を継ぐのは難しいだろうと。それなら私が歯科医師になって、「榎本歯科」の歴史を引き継ごうと決心し、歯科医師になることを決めました。
実は、医師か歯科医師か、どちらを目指そうか迷った時期もあるんです。でもそんなときに、患者さんに信頼され、熱心に仕事に取り組む父の姿を見て、父のような歯科医師になりたいと思うようになりました。
大学卒業後は、父の技術を少しでも多く学びたかったので、一緒に現場に立てるように早い時期から当院で勤務しており、現在は院長を務めています。

一人一人の口腔環境に合った予防歯科を提案。

『榎本歯科』は東京メトロ有楽町線の新富町駅から徒歩1分ほどのところにあります。
一般歯科のほかに、矯正治療、インプラント、入れ歯、予防治療などを行っています。父が総入れ歯の専門家で、著書もいくつか出しているほど研究熱心だったこともあり、私も大学時代から総入れ歯に興味を持ち勉強しました。
ただ、治療をしていて感じるのは、よい入れ歯を作ることももちろん大事ですが、やはり自分の歯に勝るものはないということです。その考えから、現在では予防歯科にも力をいれています。患者さんそれぞれに合ったブラッシング方法や定期検診のペースを提案することで、無理なく予防歯科に取り組んでいただきたいですね。

丁寧なカウンセリングが、患者さんのリラックスを生む。

いらっしゃる患者さんを「ようこそお越しくださいました」という思いでお迎えするようにしています。患者さんにとって歯科医院というのは、どうしても緊張してしまうところなのですが、お声かけや診療の際の説明を丁寧に行うことで、なるべくリラックスしていただけるようにと思っています。
また、患者さんのお話しをじっくりうかがうことも大切にしています。どのようなことで困っているのかをお聞きし、なぜそうなったのかを考え方針を立てながら治療に進んでいきます。そうすると自然とおひとりに1時間くらいかかるんですよ。
大学病院にいると先端の治療に携わることができます。では開業医だからこそ患者さんのためにできることは何かと考えたときに浮かんだのが「患者さんの話をよく聴くこと」だったんです。専門的に学ぶために、上智大学カウンセリング研修所で3年間カウンセリングの勉強をしました。そこで「発せられた言葉がどのように相手に伝わっているか」という事の大切さを知りました。自分への言葉が、患者さんにどのように伝わっているかを意識しながらお話を進めています。

患者さんの気持ちに正面から向き合い、
確固たる信頼関係を築く。

好きな言葉として挙げた「Take the highroad」には「正道を行く」という意味がありますが、歯科治療に対しても、ちゃんとした事をやっていきたいと思っています。「根本から治したい」「歯をよくしていきたい」という患者さんの気持ちに正面から向き合って、長くお付き合いできるような関係を築いていけたら嬉しいですね。
また、予防歯科にも力を入れているので、歯ブラシの仕方をお教えしたり、その人に合ったペースの定期検診をお願いしたりしながら、虫歯や歯周病を確実に防げるといいなと思っています。

これから受診される患者さんへ。

歯の治療に行こうと思いながらそのままになっている方や、お口の中のことで気になることがある方は、ささいなことでも構いませんので相談にいらしてください。
待合室も広いスペースになっていますので、歯科医院は緊張するから苦手だなという方にもリラックスして過ごしていただけるのではないかと思っています。